pfizer
Pfizer Japan(ファイザー株式会社)は 
TourSolverで スケジュールを最適化し 販売効率を30%アップ

販売生産性を30%アップ

効率改善とコスト削減

 医療情報担当者のルート計画最適化

PFIZER

Pfizer(ファイザー)は、1849年に親類であったCharles PfizerとCharles Erhartによって設立されました。この製薬会社は、世界中の人々の病気を治療し、健康を改善する新しい方法の発見と発展に専念してきました。 Pfizerは現在、世界最大の製薬会社であり、総売上高は590億米ドル(2012年度通年)です。 2004年4月以来、ニューヨーク証券取引所(PFE)に上場しています。1953年に設立されたPfizer Japan(ファイザー株式会社)には現在、5,800人以上の従業員がいます。 2014年の売上高は5,000億円を超えています。 Pfizer Japan、主に国内外の市場向けに処方薬および獣医薬の製造および販売を行っています。

  

「ソフトウェアが、全ての地理的データを考慮に入れ、

販売地域を再計画することによって、当社の効率が改善します。」

-蓮池氏(ファイザー株式会社 営業戦略部長)

目的:製薬品販売活動の最適化

製薬業界は、医薬情報担当者(MR)と呼ばれる医療指向の営業担当者を雇用しています。 MRは、製薬業界と医療業界との間の主要な接点です。彼らには、自社の主要製品を一般開業医(GP)および病院の医師に直接宣伝する責任があります。 MRは、さまざまなタイプの会合で、面談や医療プレゼンテーションを通じて宣伝します。担当者は管轄地域で働く傾向があります。地域の規模と地域は企業によって異なります。ほとんどのGP /病院の医師は、医療情報担当者に会うための予約システムを持っています。他の多くの企業が同じ顧客に会おうとしているため、医療情報担当者はきちんと準備し、前もって予定を立てることが不可欠です。

市場カバー率を視覚化し、販売展開を計画するために、Pfizer Japan販売効率を向上させる GeoconceptのTourSolverを選択しました。

pfizer

市場カバー率を視覚化して販売戦略を展開

両社は、ラテンアメリカのPfizerでのTourSolver導入が成功した後、日本向け地理情報ソフトウェアの導入に合意しました。 これにより、Pfizerの担当者は顧客データの地理的情報を理解し、取り出し、使用することができます。管理者と営業担当者の両方が現在の市場カバー率を視覚化して販売展開を計画できます。 販売戦略部門の責任者である蓮池氏は次のように指摘します。「すべての地理的データを考慮して販売地域を再計画することで、ソフトウェアは効率を高めます。 しかし、ヘルスケア環境は絶えず変化しており、医療情報担当者が、病院の複雑な訪問要件を尊重しながら、能動的かつ効率的に動くことが課題となっています。」

効率化とコスト削減

長い間、Pfizerの営業部門は、コストを下げながら成果のある訪問回数を増やすための対策を模索してきました。 Pfizerは日本のほぼすべての医療施設をカバーすることを目指しています。同社は毎日多くの医者、看護師、薬剤師と会うために、GeoconceptのTourSolverを利用して、日本の医療情報担当者全員の最適なルート計画を自動的に取得しています。 一例として、1,000以上の医療施設を有する東京エリアは、非常に厳しい要件を尊重しながら、10人未満の医療情報担当者によって訪問営業がなされています。 医療機関への訪問は、医療情報担当者が医療施設に関心を持ってもらえるであろう製品を把握し、短い30分の時間枠の中で行わなければなりません。

TourSolver 無料トライアル実施中

無料体験